印鑑の長い歴史

各種役所への届け出や、銀行の口座開設など、日常の様々な重要場面で登場する「印鑑」ですが、あなたはこの印鑑の歴史について、どのくらいのことを知っていますか?「ハンコ」「印判」「捺印」など、色々な呼び方もありますが、それらを意識して使い分けていることはあるでしょうか?あなたが正式な印鑑として使用しているものは、素材はなんだか知っていますか?

日本の印鑑は、おもに漢字一文字や、名前数文字であることが多いですが、海外ではシンボルを描く場合も多いです。海外映画などで、封筒に蝋印を押すシーンでは、家紋やエンブレムが使用されることもあります。それは重要な証拠となり、権威や契約、同意など、かなり大きな立ち位置を持つものです。

このように、日本国内においても、海外諸国においても、印鑑の類のものは、かなり重要なものです。持ち出してしまえば誰でも押せるスタンプのような面をもっている一方で、それだけでは語りきれない、深い役割と歴史を持っている品物なのです。

現代では、生産面から格安のものも登場しており、均一料金で手軽に買えるものも増えましたが、その一方で、正式な届け出に使用できないこともあります。電子化が進む中で、「電子印鑑」も登場しています。

しかしその始まりは、さかのぼれば紀元前5000年前から存在し、使用されていたと言われています。現在とは環境も社会も全然違う場所で、同じように印鑑というシステムが使用され始めていたわけです。

当サイトでは、日本や海外における、印鑑の様々な歴史を紹介しますす。

印鑑のはじまり

ごく原始的な印鑑は、紀元前7000年ほどの中東の遺跡から発掘されています。 使用が確認され始めたのは、紀元前5000年のメソポタミア文明です。時代背景や当時の技術発展から見ても、それはかなり簡素なものではありましたが、印鑑としての役割は、既に果たし始めていました。 その後、現代の日本で広く流通している・・・

日本の印鑑

日本における印鑑の歴史のはじまりは、57年に中国から贈られたものであると言われています。漢委奴国王の金印は、小学校でも習うくらい有名な、発見されている最古の印鑑です。 その後、646年大化の改新後、律令国家が制定されていくうちに、日本国内でも印鑑が使用されるようになりました。様々な印鑑が使用され、編纂がありました。中世時・・・